社員が持っていた方が会社としては便利!?宅建の資格

営業があれば便利な宅建の資格

賃貸住宅の仲介業等で窓口営業を担当している場合には、宅地建物取引士の資格があった方が会社としては便利です。賃貸住宅を探しているお客様に対して住宅を探したり、実際に見せて回るために宅建の資格が必要なわけではないのですが、契約において重要事項を説明する際には資格者でなければならないといった縛りがあるために、宅建の資格を持っている営業であればそのまま契約まで担当ができるため、会社としては営業担当が資格者である方が便利になります。

会社が経費負担して取得を促進

また事務所には何人の宅建の資格者が必要であると法律で決まっているため、、会社としてもできるだけ多くの人に資格を取得してもらいたいというのが本音です。そのため資格取得のために会社側が補助をするケースも多くあります。近くに専門学校があれば通学費用を補助したり、資格を取得した場合に通学費用を会社が負担したりと、資格取得促進のための制度を設けている会社も多いです。資格自体が宅建業法という仕事に直結する内容の部分もあり、それは日頃から実感しながら勉強することが可能です。

取得した社員が講師として講義すること

しかし多くの資格で勉強が必要な民法はなかなか身につけるのが難しく、そのため会社によっては既に資格を取得している人を中心として勉強会をおこなっているところも多いです。業界独特な土地関係の法律であったり独学では理解にしくい面も多いため、社員が講師として講義してもらうことは会社としては一番経費がかからなくて資格者を増やす効率のいい方法になります。その分、資格を取得した社員に対しては資格手当を支給する制度を設定して、講師等をはじめとして社内の資格者促進のために尽力をしてもらっています。

宅建の資格を取得するために宅建の講座を受講するという方法もあります。通信講座でも勉強することが出来ます。