相続税の申告を税理士に相談する事のメリット

相続税対策の2つの方法

相続税対策としては、大きく「贈与」と「財産評価の見直し」があります。年間の贈与額が110万円を超えると贈与税がかかりますが、贈与方法を工夫する事で、相続税を少なくすることが可能です。例えば、低い金額の贈与を何年も続ける事で、結果的に相続財産を減らせるわけです。但し、場合によっては定額贈与と看做される事もあるので、税理士などに相談しておく事が良いと言えます。それから、「財産評価の見直し」では、更地にアパート等を建てることで、「貸家建付地」などにして、土地の評価額を下げる事ができます。

相続争いを避けるための準備

相続対策で最も気をつけるべきは、相続争いを避ける事です。相続財産が多いほど、兄弟など相続人の間で相続争いが起きてしまい、親戚付き合いがなくなってしまうわけです。それを防止するには、事前の財産分与に関する準備が必要で、遺言書の作成など被相続人側にも出来る事は多いといえます。又、不動産などを予め分割して登記しておけば、いざ被相続人が亡くなった場合でも、遺産相続がスムーズに運べるわけです。そうした事のアドバイスについても、税理士などから受けておく事がオススメです。

相続税の納税資金の確保

相続税対策で忘れてならないのは、納税資金の確保です。相続税額を下げる事ができても、納付する財源がなければ、節税の意味がなくなります。相続財産が自宅だけの場合は、納税資金が確保できなければ、売却せざるを得なくなるからです。そのために有効な手段としては、相続人を受取人とした生命保険への加入で、被相続人が死亡した後に支払われる保険金で、相続税がまかなえるわけです。ただし、保険金についても相続税が課せられるので注意が必要です。

遺産を相続により取得した場合には相続税を支払わなければなりませんが、その申告方法は複雑なのでよく分からずに困ってしまうこともあります。その場合には相続の申告を税理士に相談するのが良いです。