クレジットカードを申請する前に確認すべき3つの事

自分のクレジット履歴を確認すること

クレジットカードを申請すると金融会社は必ず信用情報登録機関にクレジット履歴を申請します。新規でクレジットカードを申請する前に自分のクレジット履歴を確認しておく方が良いです。万が一の場合ですが、信用情報登録機関の信用情報の中に遅延や延滞の記録がある場合には審査に通る可能性は限りなく低くなります。遅延や延滞を解消する事が最低条件となります。一度金融事故を起こした場合同じ会社からは融資を受ける事は二度と不可能になりますよ。

自宅にかかってくる電話の対応は?

どの金融機関でも金融商品を申し込む際には申請書を記入する事になります。申請書には正確な情報を記載する必要があります。不確かな情報を記載した場合金融会社は本当に信頼できる人物かどうかを疑う場合があります。金融会社は正確な情報を記載しているかどうか確認するために申請書に記載された携帯電話や自宅の電話に電話が入る場合があります。その際に本人が出るのが一度ですが、本人がいない場合でも不在が確認できれば良いとされています。そのため確実に自宅にいるか家族に対して対応するように伝えておく必要がありますよ。

返済はしっかり事前に計画立てることが大事

金融会社にとって一番大切な事は決められた日に返済してもらえるかどうかになります。そのために申請書に記載された勤務先に在籍確認の電話をする場合があります。金融会社が電話した際に本人が出れば一番良いですが、本人が出ない場合でも勤務先で働いている事が確認できれば良いとされています。万が一在籍確認が取れない場合には、支払い能力がない人と判断され融資が実行されない場合があります。融資を受ける際にはきちんと働いた上で、その事実を記載する必要がありますよ。

一定の収入がある会社員などのように、経済的に安定している人であればクレジットカードの審査に通りやすいです。