事前に確認しよう!信用取引を始める前の心構えについて

信用取引は証拠金取引

現物株のトレードとは異なり、信用取引においては預け入れているお金を証拠金として取り扱い、そのお金を担保に証券会社からお金を借りて行うトレードになっています。お金を借りるということは当然そのお金に対して金利が発生することになりますので、売買は短期で終わらせる方が資金効率としては良いということを理解しておきましょう。また、預け入れている金額の約3倍の金額をトレードとして扱えるようになりますので、その分リスクも高くなっているということに注意が必要です。

株式投資の経験を十分に積んでおく

信用取引におけるトレードは自己資金以上の金額を扱えるようになりますので、現物株トレードよりも利益が得られるチャンスが広がりますが、損失額も増えてしまうというリスクが付きまといます。したがって現物株のトレードで株式相場の動きを十分に理解し、想定外の値動きに対しても的確に判断してトレードできる能力が必要となります。現物株トレードで損失を出さない程度経験を積むことが理想的ですので、信用取引の前にある程度株式投資の基礎を備えておきましょう。

信用売りの取引を理解しよう

現物株のトレードとは異なり、信用取引の口座を開くと信用売りの取引が利用できるようになっています。信用売りと取引では、証券会社から株式を借りて現金化するという取引になり、株価が値下がりした時に現金化した金額よりも少ない金額で買い戻すことによって残額が利益となるトレードです。信用売りは値上がりし過ぎた銘柄や利益率に対して株価が割高になっている銘柄に対して有効なので、トレードスタイルに幅を持たせることができますよ。

信用取引とは、自分の所有する資金や株式等を担保として証券会社からお金を借りて投資を行う方法です。自分の資金力以上の大きな取引ができますし、うまく運営すれば株価下落時にも利益を出すことも可能です。